オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

アンチエイジングのためのオールインワンゲルはどれを選ぶべき!?アンチエイジングに必要な成分とは? |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

アンチエイジングのためのオールインワンゲルはどれを選ぶべき!?アンチエイジングに必要な成分とは? |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

アンチエイジングのためのオールインワンゲルはどれを選ぶべき!?アンチエイジングに必要な成分とは?

2017.09.17

オールインワンゲルにはさまざまな商品があるので、目的に応じてピッタリの商品を選択する必要があります。

たとえばエイジングケアをしたいならば、効果が期待できる成分を含んでいるかどうかチェックしなければいけません。どのような成分がおすすめなのか解説しましょう。

レチノールとコエンザイムQ10

オールインワンゲルとは化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地などを1本ですませることができる画期的な商品です。

手軽に使えることもあってか、現在ではさまざまなタイプのオールインワンゲルが販売されていて、どれにしたら良いのか迷ってしまう人も多いと聞きます。

オールインワンゲルを選ぶには、まず、スキンケアの一番の目的を明確にしましょう。その上でたとえば「エイジングケアをしたい」ということになったら、有効成分を含んでいるかどうかで商品を絞り込むことができます。

アンチエイジングの有効成分としてはレチノールが有名です。レチノールとはビタミンAの一種ですが、人間の血液などに多く含まれています。粘膜や皮膚を健康に保ち、皮膚のターンオーバーを活性化する働きがあるとのこと。シミ、たるみ、シワ、目の下のクマなどに効果を発揮すると言われています。

成分を確認しよう

また、コエンザイム10もアンチエイジングを語る時には外せません。若々しさを保つには欠かせない成分ですが、体内で分泌される量は20歳前後をピークに減少し、40歳以降は不足がちになると言われています。

オールインワンゲルでエイジングケアをするならば、以上のようなレチノールやコエンザイム10を含む商品を選ぶようにしましょう。

しかし、いくら有効成分を含んでいるからといって塗りすぎは禁物。かえって肌に負担をかけ加齢を促進してしまうこともあるからです。くれぐれも適量を心がけ、もし乾燥が気になるようならば化粧水やクリームを併用してください。

ビタミンも大事!

老化は活性酸素によって起きるという説があります。そのため、抗酸化作用を持つビタミンCはアンチエイジングの決め手とも言われています。

年齢とともにシミが目立つようになってきた人などは、美白効果のあるビタミンC入のオールインワンゲルを使用するのも良いでしょう。

美容効果の高いビタミンというとビタミンCが注目されがちですが、実はビタミンHとビタミンPも重要です。ビタミンHことビオチンは最近ではビタミンBに分類されていますが、皮膚炎を治すビタミンとして発見されました。皮膚のターンオーバーを正常化して、細胞に十分な栄養を補給し、老廃物の排泄を促すというスキンケアに欠かせないビタミンです。

ビタミンPは?

一方のビタミンPことルチンはポリフェノールの一種で、植物が紫外線から身を守るために必要な栄養素です。

抗酸化作用と毛細血管を強くする作用で知られています。つまり、活性酸素を除去して末端まで血行を良くするという、まさにエイジングケアにピッタリの成分なのです。

毛穴にたまった皮脂汚れが空気に触れて酸化するのを防止する効果もあり、年齢とともに毛穴の開きが気になってきた人も、ビタミンP入りのオールインワンゲルを使用してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。アンチエイジングに効果を発揮するといわれる成分にはさまざまなものがあります。

なかでもレチノール、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンH、ビタミンPなどはいろいろな研究結果からもエイジングケアにぜひ取り入れたい成分と言われています。

オールインワンゲルを選択する時にも、これらの成分を配合している商品を選ぶことで、高いアンチエイジング効果が期待できます。バスタイムにパックとして使用すれば、肌の内部にまでよりシッカリと浸透させることもできるでしょう。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら