オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

海外旅行などの飛行機移動にも!オールインワンゲルがあれば乾燥せずに快適に過ごせる! |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

海外旅行などの飛行機移動にも!オールインワンゲルがあれば乾燥せずに快適に過ごせる! |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

海外旅行などの飛行機移動にも!オールインワンゲルがあれば乾燥せずに快適に過ごせる!

2017.09.21

飛行機の中はとても乾燥しています。国内ならばまだ我慢できたとしても、海外への長距離フライトではお肌への悪影響も見逃せません。

目的地に着いた時にもツヤツヤお肌でいるための、オールインワンゲルを利用した機内スキンケアのメリットを紹介しましょう。

飛行機の中は乾燥する!

飛行中の機内の湿度はなんと20%以下。時には10%以下と、ほぼ砂漠なみになっていることもあります。

このような乾燥した環境は、実は人為的にコントロールされたもの。飛行機が飛んでいる高度10,000mはマイナス50℃と極寒なので、機内にエンジンが作る熱を利用して温風を送ってますが、結露ができないように水分を除去しているのです。

このように乾燥した環境で長時間過ごしていると、お肌にもさまざまなトラブルが起きがちです。まずは水分補給をシッカリとすることを忘れないようにしましょう。

もし10時間フライトをするならば、1~1.5リットルは飲むようにしているというCAもいます。また、おしぼりをテーブルに広げておくなど、せめて自分のまわりの湿度だけでも上げる工夫をしましょう。

飛行機内のケアは気をつける

地上ではあまり乾燥は気にならないという人でも、飛行機の中では乾燥肌向けのスキンケアをすることをおすすめします。

そうとは言っても機内に持ち込める液体には限りがあり、いつもの化粧水をそのまま1本というのはNGです。

そこでおすすめしたいのがオールインワンゲルを使用したスキンケアです。オールインワンゲルならば、よりスムーズに国際線の機内に持ち込むこともできるでしょう。

機内に持ち込むときの注意点

国際線基準では、およそ20cm×20cmの透明ジッパーに入れることができる液体ボトルならば機内に持ち込むことができるようになっています。

さらに、液体ボトルひとつひとつは100ml以下でなければいけません。つまり、化粧水、乳液、美容液などは旅行前にミニボトルに詰め替える必要があるというわけなのです。面倒に感じる人も多いかもしれませんね。

しかし、オールインワンゲルは液体ではなくゲル状なので、そのまま機内に持ち込むこともできます。

] その上、これひとつで化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地、パックなどの役目を果たしてくれるのでとても便利!旅行の荷物はできるだけ減らしたいという人にもおすすめです。

紫外線対策も

機内で乾燥を感じるたびに化粧水をスプレーするという人もいますが、長距離フライトではキリがないというのが実際のところです。

しかし、オールインワンゲルを厚めに塗れば、就寝中もお肌が乾燥することもありません。「目が覚めたら顔がカピカピになっていた!」といったトラブルを避けるためにも、オールインワンゲルは最適なのです。

また、飛行機の中は乾燥だけではなく紫外線も注意しなければいけません。飛行機の窓はガラスではなくアクリル板でできています。

紫外線にはUVAとUVBがありますが、アクリル板はUVAを通過させてしまうため、シミやシワなどのトラブルを引き起こしやすくなるのです。

そういった肌トラブルも乾燥によってさらに悪化するので、まずはオールインワンゲルでしっかりと保湿するようにしてください。 さらに、シミ等への有効成分を配合したオールインワンゲルと日焼け止めを併用して、しっかりと紫外線対策をするように心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。飛行機の中というのは地上の3分の1程度の湿度しかありません。実は毎日のお手入れ以上に乾燥をケアする必要があるのです。

しかし、機内に持ち込める液体には限りがあります。そこでおすすめしたいのがオールインワンゲルです。ゲル状なので面倒な手間をかけずに持ち込むことができますし、メイク落としシートや洗顔シートで顔を拭いたあとにコレだけをつければOKという簡単なケアができます。洗面所に立ちにくい席になってもオールインワンゲルがあれば安心ですね!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら