オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルのスキンケア効果を上げるのは”手の温度”が重要! |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルのスキンケア効果を上げるのは”手の温度”が重要! |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルのスキンケア効果を上げるのは”手の温度”が重要!

2017.10.12

洗顔後に顔に塗るだけで化粧水、乳液、美容液、クリームの役目を果たしてくれるオールインワンゲルは、とっても便利なアイテムです。でも実は手で温めて使えばさらに効果的というのはご存じでしたか?正しいオールインワンゲルのつけ方について紹介します。

■オールインワンゲルを塗る前に手を温める

保湿効果の高いオールインワンゲルは乾燥肌で悩んでいる人にもおすすめのアイテムです。このオールインワンゲルの保湿力を高めるには、まず余分な皮脂や汚れを洗い落とした後に塗るのが良いといわれています。実際、朝晩の洗顔後に使っている人も多いのではないでしょうか。 余計な汚れを落とすのはオールインワンゲルを肌に染み込みやすくするためです。もちろん、肌の健康のためにもある程度の皮脂は必要ですが、過剰に分泌されてしまうとオールインワンゲルの肌内部への浸透を妨げてしまいます。まず、しっかりと皮脂や汚れを落としてから塗布するようにしまそう。 しかし、きちんと洗顔しているにもかかわらず、今ひとつオールインワンゲルが肌に浸透するのを感じられないこともあります。もしかしたらそれは手の温度が問題なのかもしれません。 「手の温度ぐらいでそんなに変わるの?」と、思う人もいるでしょう。しかし、手の温度が0.3℃アップしただけで浸透率が約50%アップするというデータもあります。たかが手の温度などとけっしてバカにはできないのです。 ですから、オールインワンゲルを使う前にお湯で手を洗うなどして手を温めてみることをおすすめします。ただ手もみをするだけでも掌の温度は上がりやすいのでぜひ試してみてください。 とくに、手先の冷えやすい冬場はことさらに注意する必要があります。肌の乾燥がひどくなる季節でもありますが、冷えた手で塗ったオールインワンゲルはいつも以上に浸透せず、なかなか乾燥が改善されないという悪循環に陥りがちなので注意しましょう。

■するする滑らかに染み込んでいく!

これまで、オールインワンゲルが肌でベタベタすると感じたことはありませんか?本来、オールインワンゲルにはベタつく成分は入っていないので、それはつけ方を間違えている可能性があります。 オールインワンゲルがベタつくのに、肌は乾燥する一方となったら、つけ方に問題があることは明らかといえます。なぜならば、正しく塗布されたオールインワンゲルはしっとりと肌にうるおいをチャージしてくれるはずだからです。 もし、そのような状況ならば、まずはオールインワンゲルの使用量を見直してみましょう。個人差もありますが、1回の使用量の目安は500円玉大ともいわれています。これを一度に塗布するのはベタつきの原因になるのでやめましょう。何回かに分けて掌で優しくプレスするように塗ってください。 そのように小分けにしてパッティングしているのにまだベタつくというならば、それは手の温度が冷たいことが原因かもしれません。温かな手にオールインワンゲルをとって塗ってみると、するすると滑らかに染み込んでいくのを実感できることでしょう。

肌トラブルにも

乾燥肌だけではなく、なかなか治らない大人ニキビなど何らかの肌トラブルを抱えているならば、それはオールインワンゲルの塗り方に誤りがあり、しっかりと保湿されていないせいかもしれません。適量と手の温度を守って、しっかりとスキンケアしてみてはいかがでしょうか。 いかがでしたでしょうか。オールインワンゲルはどうつけても構わないと思われることも多いのですが、それは誤解です。もちろん、簡単に使用できるアイテムではありますが、より効果を発揮させるためには適量を守り、温かな手で塗布するなどいくつか工夫すべき点もあります。どれもちょっとしたことではあるので、ぜひ毎日のスキンケアの中で少し気にかけてみてはいかがでしょうか。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら