オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルが手作り出来ちゃう!?自宅で作れるオリジナルオールインワンゲルの作り方 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルが手作り出来ちゃう!?自宅で作れるオリジナルオールインワンゲルの作り方 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルが手作り出来ちゃう!?自宅で作れるオリジナルオールインワンゲルの作り方

2017.12.05

スキンケアは、ローションや乳液、美容液、クリームなど、いくつものアイテムを順序良く肌に塗るのが基本です。とはいえ、毎日のことだと面倒になるときがあるもの。そんなスキンケアの手間を手軽にしてくれるのがオールインワンゲルです。ここでは、手作りのオールインワンゲルのメリットとデメリットについて紹介します。

自分の好きな成分で作れる

手作りのオールインワンゲルは、自分の好きな成分を選んで作れるのがメリットです。市販のオールインワンゲルにはない組み合わせにするのも、もちろんOK。配合率を自分好みにするのも思いのままですから、入れたい成分を高濃度にすることもできます。

材料を揃えるのも、簡単です。基本のオールインワンゲルは、精製水とグリセリン、独特の粘りを出すためのキサンタンガムがあれば完成します。お好みでキャリアオイルを加えれば、即席のオールインワンゲルの出来上がり。薬局に行けば手軽に材料を調達できますし、オンラインショッピングで材料を揃えることもできます。

実際に市販のオールインワンゲルの原材料をチェックしてみると、これらの成分が配合されていることがわかります。基本の材料だけでは物足りないということであれば、美容成分をプラスしてみましょう。ヒアルロン酸やプラセンタなども原液で販売されていますから、好きな成分を配合すればいいだけです。

アロマオイルも、手作りのオールインワンゲルに配合する成分としてよく用いられています。香りだけでなく、アロマオイルには様々な効能がそれぞれに期待できますから、試してみてください。

自分でオールインワンゲルを作るメリット・デメリット

手作りのオールインワンゲルを作る最大のメリットは、自分好みの材料を使ってスキンケア用品を完成させられることではないでしょうか。市販のオールインワンゲルにはなかった配合や材料の組み合わせをすることで、必要な美容成分を思いのままに得ることができます。

リーズナブルにオールインワンゲルを作れる点も、メリットのひとつです。高級な美容成分が高濃度に配合されている市販のオールインワンゲルは高価ですが、手作りなら驚くほどの安さで仕上げることができます。さらに、テクスチャーも、お好み次第で変えることができるのです。

オールインワンゲルは作ってから1ヶ月くらいが使い切る目安ですから、いつでもフレッシュな状態で使うことができます。防腐剤はもとより、不要な添加物を加えずに済むのも手作りだからこそのメリットです。

反対に、保存がきかないことがオールインワンゲルのデメリットととられることもあります。また、肌の深層部にまでオールインワンゲルを浸透させるのには、高度な技術が必要です。化粧品メーカーでは、専門的な知識や技術を駆使して、長期間の研究を経たうえで高機能なオールインワンゲルを完成させています。材料をミックスしただけの手作りオールインワンゲルでは、肌への浸透度に関しては期待しきれるものではありません。ただ、肌表面の保湿をすることは可能ですから、有用性はあるのです。

オールインワンゲルを作るためには、数種類の材料を揃える必要があります。材料自体の保存期間も考えると、早めに使い切ったほうがよいのです。そうなると、一度に大量に作らざるを得ません。周囲に手作りオールインワンゲルを分け合う仲間がいればよいのですが、1人ではかえって不経済になってしまう可能性があります。

オールインワンゲルの加工過程には、容器を殺菌消毒したり、材料を計量したりといった細かな作業もあります。月に1度程度の作業とはいえ、こうした手間をかけるのが面倒な場合は、手作りのオールインワンゲルにデメリットを感じるかもしれません。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら