オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

【年代別】おすすめのオールインワンゲルの使い方 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

【年代別】おすすめのオールインワンゲルの使い方 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

【年代別】おすすめのオールインワンゲルの使い方

2018.02.05

もしも化粧品の効果を感じられないとしたら、年齢に合っていない使い方をしている可能性があります。オールインワンゲルも、年齢別の使い方をするのが効果的に活用するコツです。ここでは、年代別におすすめするオールインワンゲルの使い方について紹介します。

20代・30代

20代といえば、メイクが楽しくて仕方ない年代です。まだまだ美肌成分が内から湧いてくる年代でもあるため、スキンケアよりもメイクに重きを置いていないでしょうか。スキンケア用品は最低限のプチプラコスメにして、メイクアイテムにお金を使いたいという人も少なくありません。プチプラのスキンケア用品にも品質のよいものは出てきていますが、肌が求めていることを無視したスキンケアは避けたいところです。

20代の肌は、皮脂分泌量が多い傾向にあります。肌のバリア層を作るために皮脂の分泌は欠かせないものの、過剰に分泌されれば肌トラブルにもなりかねません。皮脂の多さを放置したり、逆に洗浄しすぎたりすると、ニキビをはじめとした肌荒れを起こす可能性が高まります。ターンオーバーが乱れて、老化が促進されてしまう恐れもあるのです。

肌の健康を左右するターンオーバーは、10代の頃に比べると生活が不規則になりがちな20代や30代には乱れやすくなります。気付いたら敏感肌や乾燥肌になってしまうのも、若いから大丈夫という油断が一因です。外的刺激やストレスも増えていくため、適切なスキンケアを心がけることで老化のスピードをゆるやかにしましょう。

皮脂分泌が活発で毛穴が開きやすい20代ですが、前半と後半では肌状態が大きく変化することも忘れてはなりません。そこで役立つのが、1つで複数の役割をこなしてくれるオールインワンゲルです。スキンケアのアイテムを減らせることから、節約にもなります。ただオールインワンゲルを使うだけでもよいのですが、おすすめは朝と夜でタイプの異なるオールインワンゲルを使う方法です。

例えば、朝は一日分の肌をうるおすことを考えて、十分に保湿ができるオールインワンゲルを使います。大人ニキビに悩んでいる場合は、抗炎症作用のある成分に注目してみるのもよいでしょう。夜は、日中に浴びた紫外線や肌が受けたダメージを修復するために、ビタミンCなどの美白成分が配合されたオールインワンゲルを使うと効果的です。

30代になると、ターンオーバーは20代からさらに2週間ほどもズレてくるといいます。ターンオーバーが低下してくることによって起こるのが、くすみやシミ、しわなどの問題です。乾燥対策にはこれまで以上に気を遣っていく必要があり、肌への刺激になることは少しでも減らしていきましょう。

そのためには、美容成分が多めに配合されたオールインワンゲルで、スキンケアアイテムの数を減らしたり摩擦による刺激を減らしたりする心がけが効果的です。肌はデリケートという意識をもって、オールインワンゲルをやさしく肌に塗るようにしてください。

40代・50代

40代に入ると目に見えてシミやしわ、たるみが出やすくなり、50代になるとさらに老化が明らかに加速してきます。30代までと同じスキンケア方法を続けていると、刺激に過敏な肌質になりかねません。肌悩みに次から次へと襲われて、何をしても肌が荒れる一方ということにならないよう、気を付けましょう。肌状態が良い人も、その状態をキープするように努めることが、この先美肌でいられるかどうかを左右します。

部分的にエイジングサインが目立ってくる40代・50代では、オールインワンゲルの重ねづけがおすすめです。気になる部分を重点的にケアするために、多めにオールインワンゲルを塗るのです。重点的にケアするというと、つい力を込めて化粧品をすり込もうとしがちです。しかし刺激は極力おさえたいことから、力を入れなくてものびがよいオールインワンゲルをやさしく重ねづけすることでポイントケアをおこないましょう。

オールインワンゲルを塗る際にはマッサージすると効果的ですが、とにかく手を触れる回数を減らすことも美肌を作る秘訣です。お手入れするときは指の腹を使い、やさしくやさしくなぞるようにマッサージしてください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら