オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルで気になる”ポロポロ”が出にくくなる保管方法 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルで気になる”ポロポロ”が出にくくなる保管方法 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルで気になる”ポロポロ”が出にくくなる保管方法

2018.02.20

オールインワンゲルを使っていると、ポロポロとカスのようなものが出てくることがあります。原因は、配合成分や使い方、保管方法などにあります。ここでは、ダマになってしまうオールインワンゲルの原因と正しい保管方法についてお話しましょう。

なぜオールインワンゲルはダマになってしまう?

オールインワンゲルを使っていてカスのようにポロポロしたものが出てきてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。1つは、オールインワンゲルに配合されている成分です。ジメチコンやカルボマーといった成分が配合されていることによって、肌への反応でポロポロとしてきてしまうことがあります。もう1つの原因は、配合成分に乳化剤を使用していないことです。水と油などのように異なる成分を乳化させる乳化剤は、肌に負担がかかる場合もあるため、配合されていないほうが安心でもあります。

ジメチコンが配合されているオールインワンゲルがダマになりやすいのは、撥水性があるためだといわれています。被膜を作る性質があるため、上からメイクをしたときなどに摩擦によってオールインワンゲルの成分が肌の上に出てくることがあるのです。使い方次第で多くなることもあり、朝の忙しい時間にイライラしてしまうこともあるかもしれません。肌によく浸透させてからメイクをすると、ポロポロが出にくいことも覚えておきましょう。

その他のオールインワンゲルでも、ダマになることがあります。例えば、肌をこするようにオールインワンゲルを塗っていると、ダマが出てくることもあるかもしれません。肌をゴシゴシ摩擦するのは、どんな化粧品を使うときにも避けたいことです。肌に負担をかけないためにも、オールインワンゲルはやさしくマッサージするように浸透させてください。

冷蔵庫に保存するとダマになりにくい

ポロポロが出ないようにオールインワンゲルを使うには、おすすめの方法があります。それは、冷蔵庫でオールインワンゲルを保管しておく方法です。夏場など、ひんやりした使い心地を得るためにオールインワンゲルを冷蔵庫で冷やしておく方もいるでしょう。冬場は冷えたオールインワンゲルを使うと冷たいと感じるかもしれませんが、品質を保持するためには冷暗所での保管が望ましいのです。

冷蔵庫のような冷えた場所に保管しておくと、オールインワンゲルの成分が分離する心配がありません。複数の成分が配合されているオールインワンゲルほど、冷蔵庫で保管しておいたほうが安心です。固まってしまう心配はないため、冬中、冷蔵庫に入れておいても問題ありません。ただし、冷蔵庫の中には食品なども入っていることから雑菌が散らばっている可能性があります。冷蔵庫内はいつも清潔にして、オールインワンゲルに雑菌がつかないように注意しましょう。

冷蔵庫に入れておいたオールインワンゲルは、出したばかりのときは冷たくて肌に浸透しにくいと感じるかもしれません。そのようなときは、まず手の上に乗せて体温で温めてから使用すると肌になじみやすくなります。また、肌をゴシゴシとこするのは厳禁ですが、ハンドプレスで肌にオールインワンゲルを押し込むようにするのは効果的です。手を動かすときは、肌の上をやさしくすべらせるように気を付けてください。

オールインワンゲルをつける量が多いと感じたら、ティッシュなどでソフトに押さえるようにしましょう。無理に肌に浸透させようとすると、ポロポロが出てきてしまう可能性があります。一度につけた量が足りないと思うときは、少しずつ何度かに分けてオールインワンゲルを塗るようにすると肌になじみやすくなります。また、オールインワンゲルがしっかり浸透せず濡れたような肌の状態でファンデーションを塗ると、ポロポロが出やすくなりますので注意してください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら