オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

シミのケアに適したオールインワンゲルを選ぶ時のポイント |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

シミのケアに適したオールインワンゲルを選ぶ時のポイント |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

シミのケアに適したオールインワンゲルを選ぶ時のポイント

2018.03.21

春夏の紫外線の多い時期をはじめ、最近では年間を通して紫外線対策をする人が増えています。それだけ、紫外線が脅威になってきているということです。日常的なお手入れで日焼け対策をするなら、簡単で低刺激であることがポイントです。
ここでは、シミのケアに適したオールインワンゲルの選び方について見ていきましょう。

シミのケアに必要な成分

シミをケアする成分は、いわゆる美白成分です。美白成分にも多数の種類があり、その効果はそれぞれに違っています。肌にどのような作用をするか、どの程度の美白効果があるかも、美白成分ごとに異なるのです。そのため、美白化粧品を選ぶときにはどのような美白成分が配合されているかに注意しておくことをおすすめします。

今人気の美白成分としては、ビタミンC誘導体・プラセンタ・アルブチン・リノール酸・トラネキサム酸などがあります。いずれも、美白化粧品として有名な化粧品によく配合されている成分です。それぞれの特長について、簡単に紹介しましょう。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCは、抗酸化力の高い成分です。美白成分としても強い力を持っていますが、成分が不安定なのが弱点です。また、肌に浸透しにくいという特徴もあることから、浸透しやすく、皮膚に浸透してからビタミンCに変化するように加工した成分がビタミンC誘導体なのです。

・プラセンタ
胎盤から抽出されるエキスで、簡単にいえば若返りの成分などとも称されています。人や動物を胎内で育成してしまうほど栄養豊富で、遺伝子を修復する力のある核酸が含まれている点にも注目です。

・アルブチン
コケモモや梨などに含まれる植物性の美白成分として、人気です。強力な美白作用を持つ成分としてハイドロキノンがありますが、ハイドロキノンにブドウ糖が結合した成分が、アルブチンなのです。ハイドロキノンに比べると、低刺激なのもメリットです。

・リノール酸
体内では生成されないものの、必須脂肪酸のひとつであるのがリノール酸です。ベニバナ油から精製したリノール酸Sは、厚生労働省に認可された有効美白成分です。

・トラネキサム酸
厚生労働省に認可されている有効美白成分で、人工合成されたアミノ酸の一種です。メラニン色素の生成を抑制し、炎症を抑えてシミをブロックしてくれます。

こうした美白成分に加えて配合されていると望ましいのが保湿成分です。美白成分が配合されている化粧品は、とかく肌乾燥を招きがちだといいます。その作用を緩和させるためにも、保湿成分が配合されていることが頼りになるのです。肌が乾燥すると、ターンオーバーを乱してしまう恐れがあるために、かえってシミを悪化させてしまいかねません。うるおった肌は、あらゆる肌トラブルを寄せ付けないともいわれているほどです。肌がバリア機能を発揮するためにも、保湿力は重要なのです。保湿成分としておすすめなのは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが代表的です。

オールインワンゲルでシミのケアはできるの?

オールインワンゲルには、上記で紹介したような美白成分を配合している製品もあります。ただし、どこまでシミに作用するかには個人差もあります。シミを消すというよりは、シミを目立たなくしていくためのケアができると考えておくと良いでしょう。美白成分が配合されたオールインワンゲルは、肌を明るくしてくすみを目立たなくし、キメを整える効果にも期待できます。肌のうるおいが得られれば、全体的に健康的な調子を取り戻せます。

継続してケアを続けることも、オールインワンゲルでのシミケアで大切なポイントです。もともと肌は一定の周期をもってターンオーバーを繰り返しており、数日から1週間程度で大きく変化する可能性はあまりありません。コツコツと正しくケアすることによって、透明感のある肌へと導くことができるのが、オールインワンゲルでのケアで期待できる効果です。

オールインワンゲルでケアしているからといって、これからできるシミを予防しないのも、せっかくのケアを無駄にしてしまいます。UVケアや食生活・生活習慣の改善なども心がけつつ、正しいスキンケアをおこなうことがシミケアの効果を得る近道です。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら