オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

香料のあるオールインワンゲルとなしのオールインワンゲルはどちらが良い? |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

香料のあるオールインワンゲルとなしのオールインワンゲルはどちらが良い? |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

香料のあるオールインワンゲルとなしのオールインワンゲルはどちらが良い?

2018.04.22

知名度も高くスキンケア用品として馴染み深いものになっているオールインワンゲルですが、そのなかにも香料があるものとないものがあります。こちらでは、香料のあるもの、ないものそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。オールインワンゲルの購入を検討している人は自分に合うものを選ぶための参考にしてみてください。

香料ありのオールインワンゲルのメリット・デメリット

オールインワンゲルには、香料が含まれている者もあります。香料ありのオールワンゲルにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メーカーによっても大きく異なりますが、一般的なメリットとデメリットを見てみましょう。 ●香料ありのメリット オールインワンゲルはクリームタイプがほとんどですが、その化粧品臭さが苦手という人もいます。そういった化粧品本来の香りが苦手な人にとって、香料はほのかに香り化粧品臭さをカバーしてくれる存在です。他にも、オールインワンゲルに使われている香料はリラックス効果があるものが多く、ストレスを軽減してくれる効果もあるようです。スキンケアの時間をリラックスタイムにしたいという方にとっては、香料ありのメリットは大きいでしょう。 ●香料ありのデメリット 香料の匂いが苦手と感じる人にとっては、その香りがデメリットになるでしょう。なかには汗の匂いと混ざって不快なにおいになってしまうものもあるため、香料ありのオールインワンゲルを購入するときは店頭サンプルや試供品などで香りを確かめてから使うことをおすすめします。また、敏感肌の人は香料が含まれているオールインワンゲルは避けた方がいいでしょう。香料が刺激となって肌荒れの原因になる可能性があるからです。

香料なしのオールインワンゲルのメリット・デメリット

香料のないオールインワンゲルには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。香りがないことで得られるメリット、香りがないことで出てくるデメリットについてみていきましょう。 ●香料なしのメリット 香料がないオールインワンゲルは、比較的低刺激のものが多いので敏感肌の人にも使いやすいという特徴があります。敏感肌の人は些細な香料でも刺激となって、肌荒れを起こす可能性があります。しかし、香料なしのオールインワンゲルには無添加のものも少なくはないので、そういった心配はありません。低刺激なため、オールインワンゲルを塗った後のツッパリ感もなくつけ心地も快適なものが多いのです。敏感肌の人だけではなく、さっぱりとした使い心地を求めている人も、無香料のオールインワンゲルが合うかもしれません。 ●香料なしのデメリット 香料なしのオールインワンゲルの場合、効果が薄いと感じる人がいるようです。これは肌の質にもよるのでしょうが、無香料のオールインワンゲルはすべてではないにしても、基本的に敏感肌用で作っている場合があります。そのため、刺激が強くならないように効果も抑えてある可能性があります。特に肌質に問題なく、しっかり目の使用感を求めているという方にとってはデメリットになり得るでしょう。また、香りがないため少し味気なさを感じる人もいるかと思います。 香料・無香料のオールインワンゲルですが、どちらを選ぶかは自分の肌質に合わせて考えてみるとよいでしょう。敏感肌ではなくかつ香りが苦手ではなければ、香料ありのタイプを使うことでリラックス効果も期待できます。敏感肌の人は低刺激のものを使うことで、肌への負担を減らしてスキンケアができます。どちらが良いというわけではなく、どちらにもメリットがあるので、他の人の意見に惑わされず自分に合うものを選びましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら